zh-hansjaiten
VINEYARD LANDSCAPE OF LANGHE-ROERO AND MONFERRATO IS A UNESCO WORLD HERITAGE SITE

大地、貝殻、化石:ピエモンテに海があった頃

500~200万年前、海はアルプスの斜面まで拡張していました。当時の姿は特にロエロ、アスティ、アレッサンドリア、ランゲのぶどう畑の丘など多くの地域で発見される貝殻、ナガスクジラ、その他水棲動物の化石残骸を通して、こんにちのピエモンテに残存しています。鮮新世 の海は土地の分類にもまた大きな影響を与え、地質時代によって石灰質マール(泥灰土)は異なります。ロエロやアスティのモンフェッラート地域は、より砂質(“アスティの砂”)、ランゲとアクイテルメの間は、より泥と粘土質。砂と石交じりの赤土と白土が繰り返されるガヴィ周辺地域は、より多様な分類になり、すべての土地がぶどう栽培にとても適しています。